台湾進出を目指す起業家応援ブログ – 魁!台湾塾

「100万人の三國志 Special」台湾,香港,マカオでのサービスがスタート

更新日時:2012-11-20 (火) カテゴリ:台湾の日常 タグ:インターネット オンライン ゲーム
TOP > 台湾の日常 > 「100万人の三國志 Special」台湾,香港,マカオでのサービスがスタート

staffのRIKAです。

 

「100万人の三国志 Special」

サービス開始セレモニーが行われました。

100万人の三国志

台湾ゲームソフトメーカーの『紅心辣椒娯楽科技有限公司(以下Cayenne 社)』は
日本の株式会社コーエーテクモゲームス(以下:コーエーテクモゲームス社)
《100万人の三国志Special(PCのオンラインゲーム)》を台湾、香港、マカオでリリース。

 

コーエーテクモゲームス社はこれまでも
『真・三國無双 Online』、『大航海時代 Online』、『のぶニャがの野望』
を同地域でサービス展開しています。

 

昨年コーエーテクモゲームス社の代理を務めたCayenne社のゲーム《のぶにゃがの野望》 に引き続き
今回もCaynne社が受け継ぐことになったことを理事長 鄧潤澤 はセレモニーにて語った。
台湾、香港、マカオでの前四半期の海外収益はなかなかのものでした。

 

今回発表された《100万人の三国志Special》では 同地域での業績は
毎月の営業収益を1200万元(約3360万円)以上と設定し
《のぶニャがの野望》の業績を超えることを目標にしています。

 

コーエーテクモゲームス社の専務である小林伸太郎氏によると
《百万人の三国志Special》は日本では携帯電話ゲームサービスが開始されていて
会員数は既に135万人を超え、yahooモバゲーでのゲームランキング、トップ10にランクイン。
ランキング1位のゲーム営業収益は日本円で10億円に達するそうです。
オンラインゲーム市場の大きさが伺えますね。

 

Cayenne社理事長 鄧潤澤は台湾でのウェブゲームの競争は非常に激しく、
中国の業者も海を渡って台湾市場に進出してきているようで競争は更に激化するとみています。

 

しかし今年の4月《のぶにゃがの野望》は台湾市場に現れると同時に
ゲームランキングで7ヶ月間1位を獲得しています。
更に台湾で有名なゲームメディアサイト「バハムート」主催のユーザーによる
ゲーム人気投票イベント 「バハムート2012 ゲーム大賞」の
人気Web Game 部門でも金賞を獲得しています。

 

既に『100万人の1信長の野望』のサービス提供も決定しています。

 

もともと台湾でのインターネットユーザーの1つのゲームに対する愛着度は
比較的低いですが、 長くユーザーに遊んでもらうためには、
競争率の高いオンラインゲーム市場では ゲーム自体に秀でた特徴があるか
グローバルサーバー(Global Service Platform)でのゲームでなければ
市場で勝ち残る事はできません。

ソース元:財經知識庫

 

 

この記事を共有する!!
この記事にコメントする!!

「100万人の三國志 Special」台湾,香港,マカオでのサービスがスタートへのコメント

コメント:0

コメントする!

送信者情報を記録する?